top of page

M&Aにおける特別委員会




今回は、M&Aにおける特別委員会について、コラムを書きたい。



ポイントは、


・​M&Aにおける特別委員会の存在感の高まり。


・組織再編・グループ内再編は、内輪で完結できない


・条件交渉における重要な役割



非上場企業のM&Aでは馴染みがないが、上場企業のM&Aになると、少数株主保護の観点より、いわゆる支配株主(親会社)とのM&A取引にあたっては、客観的なM&A取引に対する評価が必要となり、特別委員会が登場する。



昨今、特別委員会の重要性が高まっており、買い手⇔売り手の取引だけでなく、ここに特別委員会も加わって、三者間のやり取りがなされる位の存在感が出ており、手続きも買い手⇔売り手の当事者がOkすれば、M&A成立という分けにも行かなくなっている。



何故、M&A取引において、特別委員会が登場するのか、どのような役割や立ち位置になるのか、少し説明してみたい。



​詳細は、以下M.A.P.サイトをご覧ください!


留言


bottom of page