top of page

【M&Aコラム】企業買収における行動指針



これまでの方針に沿った内容で、特に目新しさはない。


いくつか、分散していたM&Aに関する対応指針の内容を、今回の敵対的買収の対応にアップデートしたり、項目を詳細にブレークダウンしたという印象。


但し、取締役としての責務に重みが増し、敵対的な買収であっても、確り検討や開示に取り組むように文章で明確にされたり、社外取締役の役割・責任が重くなっていることで、経営者としてのやり辛さが増していることは事実。買収者にとっては、より買収提案し易い環境が整っているともいえる。


以下クリックして、M.A.P.サイトでご覧ください!



bottom of page