top of page

Valuation(企業価値評価):第2回 WACC



Valuation 第2回は、WACCについて、実務者目線でM&Aコラムを書きたい。


一昔前まで、DCF法の計算上にしか登場しなかったWACCが最近は、上場企業のIR資料にまで目にするようになった。上場企業目線では「資金調達コスト」、投資家目線では「期待収益率」と言い換えることができる。


WACCの登場は、投下資本に対する効率的経営を意識する流れが、背景にあり、企業内の投資判断の際のハードルレート(投資判断に際の閾値)として、扱われることもある。


今回のアジェンダは、①WACCとは? ②WACCへの基本的な理解(PER・事業計画・株式価値との関係性) ③β(ベータ)について ④サイズリスクプレミアム


WACCの基本的な内容は、ネットや本で調べることはできるので、ここではより実務的な見解にフォーカスして記載する。


詳細は、以下M.A.P.サイトをご覧ください!



Comments


bottom of page