top of page

買い手にとっての「成功するM&A」



成功したM&Aは、全体の20%程度と聞いた記憶がある。それほど、M&Aの成功は難しい。ただし、短期間で売上高と利益を増やすことができ、金で時間を買うことができる手段であるので、多くの会社は積極的に行っている。上場企業の社長は、任期が5~10年など決まっているケースがあり、その期間で実績を上げ続けるとなると、M&Aは蜜の味と言っても良い。


私の知り得る成功パターンは、大きく分けて2通り。


①「安く買う」

②「高く買ってもシナジーを発揮して、買収価格の前提となる事業計画を上回る実績を出す」


成功したM&A20%のうち、半数以上は①に入ると思う。従って、②は極めて難しいが、私の経験の中で少なからず存在する。その場合の共通項をいくつか紹介したい。


以下クリックして、M.A.P.サイトでご覧ください!



Comentarios


bottom of page