top of page

会社売却|FAとは? FAの役割をご紹介。



会社売却における、フィナンシャル・アドバイザー(FA:Financial Advisor)の役割について、紹介したい。


ここで紹介するM&Aアドバイザーは、売り手側のFAであり、買い手側のFAであったり、M&A仲介ではないです。あくまでも、売り手の利益を最大化するためにアドバイスを行う専門家です。


そもそもFAとは、何者か?


弁護士や会計士、税理士と違って、これと言った資格はなく、法令や規則もないので、誰でもできることになる。企業・個人がM&Aによって、会社を売却したり、買収したりする際に、M&A全体を総合的にアドバイスを行う専門家のこと。


売り手側のFAにおける、具体的なアドバイス内容は、M&Aスキーム・スケジュール・買い手探し・価格算定・買い手による買収監査(DD)・買い手の窓口・交渉サポート・クロージング手続き・開示対応に関するアドバイス・サポートとなる。なお、未上場企業のM&Aでは、別にFAがいなくても、M&Aはできます。


特に、FAを利用することのメリット・デメリットを含め、役割を説明したい。

大きく分けると以下の役割がある。


① 客観的な評価・アドバイス


② 買い手へのアクセス


③ M&Aの先導役


④ M&A手続きの代行 


​⑤ 交渉サポ―ト


何度かM&Aを経験した会社であれば、①~⑤のことは想定できるため、自社で行うことは可能であるものの、それでも客観的評価が必要であったり、買い手へのアクセスが限定的であったりして、ケースバイケースで使い分けています。それぞれの項目について、簡単に説明します。


詳細は、以下M.A.P.サイトをご覧ください!


Comments


bottom of page